オールドドメインでのSEO効果

オールドドメインによってサイト運営を開始すると、新規に取得したドメインに比べて高いSEO効果が得られると言われています。 新規ドメインで作成されたサイトが検索エンジンに登録されるまでには、早くて2~3 週間、遅ければ1~2ヶ月ほどかかってしまいます。 しかし、検索エンジンではドメインの経過年数をベースに、その年数が長いものほど上位に来るという仕組みが含まれているため、すべての条件が同じだとしても、新しいドメインより長い経歴を持ったドメインの方が評価が高く、すぐに検索エンジンに反映されるシステムなのです。 また、オールドドメインにページランクやバックリンク(被リンク)などが残っている場合、それらも大きく影響してきます。 バックリンク数を10000本持っているオールドドメインで新しいサイトを立ち上げたとすると、スタート時から10000本のリンクを持った状態で運営でき、短期間で一気に評価を上げることができるというわけです。

オールドドメインの使い方

オールドドメイン販売サイトによっては、リストなどで過去のサイトがどういうものだったかを確認できるところもあります。 まずは、自分が始めようとするサイトと同じようなジャンルのものを選択するのが望ましいでしょう。(あえて異なった内容のドメインを選び、それを逆利用するという手法もあるようですが、初心者にはお勧めできません) オールドドメインを取得したら、サーバーと関連付けし実際にそのドメインでサイトを運用することになりますが、できるだけ早くサイトを立ち上げ、インターネット上での存在をアピールした方が良いとも言われています。 ただし、短時間で充実したサイトを構築するのは無理ですから、まずはindexだけでも作成してアップしておくと良いでしょう。その後に、時間をかけてサイト内容の充実をはかっていくという流れです。 ドメインが本当に効果を発揮するかどうかを見極めるため、まずはメインのサイトには使わず、サテライト用に使ってみるという慎重派もいるようです。 また万が一、取得したオールドドメインがペナルティを課されていた等の問題を抱えていることも想定し、予備に複数のオールドドメインをとっておくという方法も有効です。

オールドドメインの人気

長い年数運営されてきたもので、多くのパックリンクを有していたり、ページランクが高かったりといった優良オールドドメインは人気があり、すぐに誰かが取得に動くものです。ツールなどを使ってやっと出会えたものが、あっという間に他の人にとられてしまったという人も少なくないようです。 けれども、良質なオールドドメインを探すのが困難であるという点や上手に活用できないというケースもあることから、一時期よりも下火になったという見方もあります。 さらに、オールドドメインにとってバックリンクは非常に重要ですが、GoogleやYahooにおいては、いったん消滅したドメインは評価を下げたり、バックリンク等の履歴は無視されたりするとも言われています。 これを回避するには、そのドメインで運営していたサイトと、新規に開設したサイトの内容を同じもの、またはとても似通ったものにするという方法が有効と言われています。 このように、各検索エンジンの詳細な傾向や対策に精通しているユーザーの間では、オールドドメインの人気は根強く、以前と変わりない活発な取得合戦が繰り広げられています。

オールドドメインの探し方

オールドドメインを取得したいと思った場合、どのような方法で探せばよいのでしょうか? オールドドメインという概念が広がり始めた頃は、自分で更新が途絶えているサイトを見つけたり、その所有者にコンタクトをとったりということが行われていたようです。 しかしここ数年は、オールドドメインの価値や有効利用について多くのサイトで説明されるようになり、それにともなって、オールドドメインを手軽に探すことができるツールが販売されたり、ドメインそのものを販売するというサイト等がたくさん見受けられたりするようになりました。 例えば、検索エンジンで、「オールドドメイン 取得」と入力するだけで、いくつもの探索ツールや販売サイトがヒットします。 しかしこれらには、決して健全とは言えないものも存在しているため、ある程度きちんとした実績があるかどうか確認し、口コミなどで評価の高いツール・サイトを探す等、リサーチをしてから臨む方がいいでしょう。

オールドドメインの販売サイト

オールドドメインを自分で探索する手間を省き、多くのラインナップの中から自分のニーズにあった選択のできる強い味方が「オールドドメイン販売サイト」です。 現在たくさんの販売サイトがあり、様々な方法で宣伝・集客が行われています。 ドメインの価格は販売サイトによって異なるようですが、だいたい数千円~10万・20万円程度のものが一番多いと考えられます。 中には、かなりの低価格でオールドドメインを販売しているサイトもあり、数百円で購入できるものもあるようです。 ただし、価格の高いものはそれだけの金額に見合うだけの優良ドメインであり、即効性のあるSEO効果が得られる可能性も高いようです。そういった商品を扱っていて、なおかつきちんとした実績を示している販売サイトのものは、ある程度信用できると考えてよいでしょう。

オールドドメインを購入するには

オールドドメインを購入したいと思い立った時は、ドメイン販売サイトを利用するという方法がポピュラーですが、今では他にも様々な販売方式がとられるようになっています。 例えば、有形な商品と同じように、ヤフーのショップやオークションにドメインが出品されるということがあります。 また、企業としてではなく、個人でホームページやブログを立ち上げ、中古ドメインを売っているという人もいるようです。ただし、こういった方法の場合はいきなり飛びつくのではなく、管理人としっかりやりとりをし、まずは信頼がおける相手かどうか見極めることが重要です。 やはり手軽でリスクが少ないのは優良販売サイトを活用することだと考えられますが、自分のニーズにあったオールドドメインに出会えるまで、価格比較も含めていろいろな購入方法を具体的にリサーチしてみるのもよいかもしれません。 中古ドメインやその他のSEO対策について情報交換できるコミュニティなどもありますから、活用するのも手です。

オールドドメインを探すツール

オールドドメインを自分で探索できるツールは、ネット上で数多く販売されています。自分のPCにダウンロードして使用するということになりますが、とても高額なものや、値段のわりにはあまり効果を期待できないといった詐欺まがいの商品もあるようです。 もちろん、有料に限っているわけではなく、フリーダウンロードできるものも出ています。 ただ、有料か無料かといった点だけがポイントではなく、品質はよくても初心者にとって使いこなすのが難しいと言われるツールもあり、すべての方に手放しで推奨できるわけではありません。アフィリエイトなどで高い実績を誇る人や、複数のツールを同時に使用しながら探せるといった熟練者にとっては大きな効果を発揮することも多々あります。 使いこなせれば強い味方になりますから、自分のニーズやスキルと照らし合わせて、じっくり選ぶことをお勧めします。

オールドドメインとは?

オールドドメインとは、誰かが運営していたものの長い間放置されているというウエブサイトのドメインや、更新期間が過ぎて期限切れになったりしたドメインを指します。 これらの理由でいったん消滅してしまったものは、一定の期間を経過すると、第三者の取得が可能となります。 近年、こうして入手可能になったオールドドメインを取得し、自らの新サイト開設に活用する――といったことが注目されるようになってきました。 一般的に「中古ドメイン」「期限切れドメイン」と言う呼び方もされますが、取得する際には、元のドメインが古くから長い期間使われていたということが一つの目安になると言われ、アフィリエイター等の間では、その「古い」という点に様々な価値が付加されている――という考え方が基本です。 それゆえに、総称して「オールドドメイン」といった呼ばれ方もされるようになりました。

オールドドメインとは?

オールドドメインとは、誰かが運営していたものの長い間放置されているというウエブサイトのドメインや、更新期間が過ぎて期限切れになったりしたドメインを指します。 これらの理由でいったん消滅してしまったものは、一定の期間を経過すると、第三者の取得が可能となります。 近年、こうして入手可能になったオールドドメインを取得し、自らの新サイト開設に活用する――といったことが注目されるようになってきました。 一般的に「中古ドメイン」「期限切れドメイン」と言う呼び方もされますが、取得する際には、元のドメインが古くから長い期間使われていたということが一つの目安になると言われ、アフィリエイター等の間では、その「古い」という点に様々な価値が付加されている――という考え方が基本です。 それゆえに、総称して「オールドドメイン」といった呼ばれ方もされるようになりました。

スポンサーサイト